西村一成の世界から

未知へ、更に、未知へ‥と日々カンバスをカジリ続ける画家、西村一成の出来たて作品を絵日記のように記録。NEXT ONEはどんな作品?

だから耳栓を愛用してはいますが

2021年9月13日(月)


「僕の芸術はパルコから生まれたと言えるかも」
前にそう書きましたが

「パルコ文化」というタイトルのドローイングもありました

「パルコ文化」20210527
「パルコ文化」水彩紙、インク77.2×108.9㎝20210527

これは全紙(77.2×108.9㎝)にペンだけで
画像をクリックすれば多少拡大されますが
よく見えませんよね



その大きさに6月は太い筆でブラックジェッソで描いたものが
まだUPしてなかったみたいです
これはよく見えます!



「M.W.さんとの出会い」(№1)20210603
「M.W.さんとの出会い」(№1)108.9×77.2㎝20210603



「M.W.さんとの出会い」(№2)20210603
「M.W.さんとの出会い」(№2)108.9×77.2㎝20210603




「ゴジラの喘ぎ」(№3)20210614
「ゴジラの喘ぎ」(№3)108.9×77.2㎝20210614




「ゴジラの喘ぎ」(№4)20210614
「ゴジラの喘ぎ」(№4)108.9×77.2㎝20210614





「マッシュルームについてのいろは」(№1)
「マッシュルームについてのいろは」(№1)108.9×77.2㎝20210610





「マッシュルームについてのいろは」(№2)20210610
「マッシュルームについてのいろは」(№2)108.9×77.2㎝20210610





「マッシュルームについてのいろは」(№3)20210610
「マッシュルームについてのいろは」(№3)108.9×77.2㎝20210610





7月にはアクリル絵の具でも

「ワタシハシモベ」(№1)20210712
「ワタシハシモベ」(№1)77.2×108.9㎝20210712





「ワタシハシモベ」(№2)20210712
「ワタシハシモベ」(№2)77.2×108.9㎝20210712



こういうのは大胆なようで結構繊細
一発勝負と言う点では
以下のと変わらないのでしょう



「鬼の肖像」20210831
「鬼の肖像」水彩紙、インク45.5×38㎝20210831

これはF8サイズ45.5×38㎝の水彩紙

描き直さないし消さない
ペンを握ったら途中で立つこともなく
一気に描き上げます

もし途中で
ピンポーン!なんてインターホンが鳴ったり
スマホに電話が掛かったり
玄関に「かいじゅうー!」なんて姪っ子が来たり
うっかり話し掛けたりしたら
ペンが止まりその絵はそこで終わり!




だから耳栓を愛用してはいますが


このシリーズ
続きはまた次回ということに



ちなみに「かいじゅう」は西村一成のニックネーム
甥っ子姪っ子たちとその友達だけがそう呼びます




僕の芸術的、又、創作的欲求は

20210年9月3日(金)


先月末のペインティング作品をUPします
加筆の過程もUPしてしまいます


まずこれ
随分古い(2015年)組作品を引っ張り出して

「不安を背に」91×162.2㎝20150815
加筆「不安を背に」91×162.2cm20150815

今年初めに
「色彩の明滅とキノコ」20210112になりました
「色彩の明滅とキノコ」91×162.2㎝20210112


半年以上経った今回オイルバーで加筆
「ふしだらな飲み物」91×162.2㎝20210830
「ふしだらな飲み物」91×162.2㎝20210830


隠れてしまった2015年の作品を惜しむ気持ちは残りますが





もうひとつ
これは新品のF30 カンバス3枚に4か月前に描きました
「致死量に値する」91×218.1㎝20210506
「致死量に値する」カンバス(F30×3 )91×218.1㎝20210506


その後バラしてそれぞれに水彩紙をコラージュ

「致死量に値する尿の量」20210525
「致死量に値する量の尿」F3020210525

更に3日後綿麻布も貼り付けて

「興奮剤への愛おしみ」(№1)20210528
「興奮剤への愛おしみ」(№1F30202100528

これなどますますタイトルの意味が分かりませんが

「庄助の恋」(№1)20210617
(上張り)7「庄助の恋」(№1F3020210617



「庄助の恋」(№2)20210617
(上張り)7「庄助の恋」(№2)F3020210617


そして
この2点に綿麻布をすっかり覆いかぶせ

こうして
加筆91×145.4㎝20210829トリミング

こうなって
一応の完成のようです
「煮出した茸の汁」91×145.4㎝20210829
「煮出した茸の汁」カンバス(F30×2)91×145.4㎝20210829




このあたりの創作について作家の言葉から

「ドローイングならば、割りと一発で仕上がります」が
「タブロー作品でのイメージ仕事は、
若い頃に比べると一発で満足のいく仕上がりにならず、
やたら時間も掛ります」
「そうこうしている内に、画面は、
必然的に?材料塗れの仕上がりになってしまうわけで、
若い頃の様な切れがないと言うか、肉体的な衰えと言うか、
時に限界を感じたりします」
などとおっしゃいますが

結局
僕の芸術的、又、創作的欲求は
<絵の具で、子供みたいに泥遊びをやりたい>みたいなことで」と
どうもドローイングの仕事だけでは飽きてしまうようです
ドローイングも高評価なのですがねぇ



では
次回はドローイングもUP続けていこうと思っています








コーヒー専門店みたいな香りのアトリエから

2021年8月30日(月)



「絵の具不足の苦肉の策品」は
先日26日のタイトルですが
そう言えば「苦肉の策」というタイトルがあったような


2019年10月5日確かにありました!




その時は
画布を木枠からハガシて海外搬送することが苦肉の策であり

組作品にすれば
古い日本家屋というアトリエで幾らでも大きな作品が出来る!
という苦肉の策でした

今回は
コーヒーを絵の具として使用してしまった苦肉の作品で
最近の水彩紙全紙(108.9×77.2cm)からUPします



「鮟鱇」20210714
「鮟鱇」水彩紙、コーヒー、インク77.2×108.9㎝20210714

濃い目に淹れたコーヒー液が乾いた時のグラデーションが面白い



「表現の必然性」(№1)20210722
「表現の必然性」(№1)水彩紙、コーヒー108.9×77.2㎝20210722




「表現の必然性」(№2)20210722
「表現の必然性」(№2)水彩紙、コーヒー108.9×77.2㎝20210722





「表現の必然性」(№3)20210722
「表現の必然性」(№3)水彩紙、コーヒー108.9×77.2㎝20210722





「表現の必然性」(№4)20210722
「表現の必然性」(№4)水彩紙、コーヒー108.9×77.2㎝20210722



ペンドローイングもたまにはありました


「イメージの幻滅」20210624
「イメージの幻滅」水彩紙、インク77.2×108.9㎝20210624


NEWYORKとあり
確かにセントラルパーク近くには
「億万長者通り」も「エンパイアステートビル」もありますが
「PARCO」「タワーレコード」「モツ鍋」「モアイ」‥‥って?


20代頃西村一成は「PARCO」名古屋店にしょっちゅう出掛けていた
行き付けの画材店世界堂
お気に入りのタワレコも島村楽器もあるのだから
ウキウキワクワク出掛けていたのでしょう
PARCOに限らず次第にどこにも出掛けられなくなりましたが


それでも何とか出掛けた日に描いたこの絵
第91回二科展に初出品初入選の絵ですが
(当時は作品として画像をしっかり撮影しておく気も無かった)

「パルコに行ってきた」S60 2006年
2006年第91回二科美術展 入選「パルコに行ってきた」S502006





「イメージの幻滅」のシリーズ
「TOKYO」も「NEW YORK」も
幻滅するような大都会のイメージなのでしょうか

「TOKYO」20210624
「TOKYO」水彩紙、インク77.2×108.9㎝20210624





「NEW YORK」20210625
「NEW YORK」水彩紙、インク、血液77.2×108.9㎝20210625





「パルコ文化」という言葉もあり
確かに
「僕の芸術はパルコから生まれたと言えるかも」

でも今では
「あんなに行きたかったPARCOだけど行っても仕方な」とのこと



ペンだけで全紙にギッシリ描き込むのは相当疲れる!!
だからと言うのでもないでしょうが
こういう手法もありました


「トリップ後嘔吐」(№1)20210807
「トリップ後嘔吐」(№1)108.9×77.2㎝20210807




「トリップ後嘔吐」(№2)20210807
「トリップ後嘔吐」(№2)水彩紙、インク、コーヒー20210807


コーヒー専門店みたいな香りのアトリエから

全紙作品もまたUPします
今日のタブローもまた次回









サンダルで「踏み絵」

2021年8月27(金)


昨日最後にUPした水彩紙作品「踏み絵」
素足で踏んだのでしたが

「踏み絵」(№3)77.2×108.9㎝20210810
「踏み絵」(№3)水彩紙、コーヒー77.2×108.9㎝20210810


サンダル履いてペタペタということもありましたっけ
それも「踏み絵」とタイトルを付けてありました


「踏み絵」189×115㎝20120320

名称未設定 1踏み絵2




「サンダルで」150×115㎝20120320

名称未設定 1サンダルで2

この2点今は
ギャラリーからのリクエストでニューヨークに在ります




サンダルで「踏み絵」と言えば2016年にもありました

_1430437








古いものですが
今日はサンダルで「踏み絵」ついでにもう2点UP!
これもニューヨークに在ります


150×115㎝(20120320サンダルスタンプの上に加筆)
(20120320サンダルスタンプの上に加筆、人型)水彩紙150×115cm




「母の横顔」115×145㎝20150718
(母の横顔、スニーカーでスタンプ)中性紙115×145cm 20150718



この大きさでこのイメージでは余程離れて見なくてはなりませんね
広いスペースに展示して頂きたいもの
Cavin-Morris Galleryさま
どうぞ是非発表の機会を!!










絵の具不足の苦肉の策品

2021年8月26日(木)


まだまだカンリニンは
西村一成過去の活動資料整理を続けています

先日21日「芳名録は残っています」にも載せたこの中に
『アクリラート別冊2016』も見えていますが
P2170364
      ↑
当時あちこちに配布しましたが
まだたくさん残っていました
ホルベイン アクリラート別冊P1360463

第29回ホルベインスカラシップで選出された奨学者20名の
奨学期間の成果(作品)と報告(レポート)です


西村一成はその頃から絵の具もメディウムも
まさしく「湯水の如く」使う楽しさを味わってしまった??

頂いた30万円分のホルベイン画材のお陰で傑作が残りました!



オンラインカタログになっている!
今頃気付いたのです
2016年をご覧ください
西村一成の作品もレポートも見られます


以前このブログにも詳しく載せましたが
『アクリラート別冊2016』発行!




ホルベインスカラシップは第33回からリニューアルされ
奨学者も7名となり
『アクリラート別冊』の発行は止め
その代わりの成果展を開催とのこと

などなど
偶にはネットサーフィンでもしないと情報は入ってこない
ここは名古屋のチベットか日本のガラパゴスか



最後に
絵の具不足の苦肉の策品(作品)をUP

濃い目に淹れたコーヒーを使っています


「踏み絵」(№3)77.2×108.9㎝20210810
「踏み絵」(№3)水彩紙、コーヒー77.2×108.9㎝20210810



大きな足型が!
素足で踏んだ!!

日本のガラパゴスで特異な進化を遂げている西村一成作品

このシリーズも含め水彩紙(全紙)作品もまたUPしていきます








公式ホームページ
西村一成HP
プロフィール、ギャラリーなどを掲載しています。
個展・作品・HP等に関する感想・お問い合わせは、お問い合わせフォームからお寄せください。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ